教育について

Last-modified: 2017-07-19 (水) 21:03:06 (68d)

本研究室が取り組んでいる主な教育プログラムは下記の通りである.

研究会,国際会議発表,学術論文投稿

主に大学院生を中心として,日々の研究の成果発表の場として研究会,国際会議等に積極的に参加をさせている.研究会で成果発表を行なうことにより,プレゼンテーション能力の向上や他の発表を聞くことによる,情報収集,情報分析能力の向上が期待できる.また,他大学の学生との意見交換の場ともなる.

表彰

  • 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会 2016年度ネットワークソフトウェア研究奨励賞 谷 隆磨 http://www.ieice.org/cs/ns/nws/award/encouragement/ http://www.hiroshima-cu.ac.jp/news/content2367.html
  • 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会ネットワークソフトウェア優秀ポスター賞 小林啓太 (2016年9月22日) http://www.ieice.org/cs/ns/nws/award/poster/ http://www.hiroshima-cu.ac.jp/news/content2079.html
  • 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会ネットワークソフトウェア優秀ポスター賞 谷 隆磨 (2016年9月22日) http://www.ieice.org/cs/ns/nws/award/poster/ http://www.hiroshima-cu.ac.jp/news/content2079.html
  • (平成27年度 広島市立大学大学院情報科学研究科 情報工学専攻 最優秀修士論文賞 南 雄也 (2016年3月))
  • 第13回情報科学技術フォーラム(FIT2014)FIT奨励賞 中原翔馬 (2014年9月) http://www.hiroshima-cu.ac.jp/news/content1397.html http://www.ipsj.or.jp/award/fit-syorei.html
  • 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会 2013年度ネットワークソフトウェア研究奨励賞 太尾田 洋介 http://www.ieice.org/cs/ns/nws/award/encouragement/
  • (平成25年度 広島市立大学大学院情報科学研究科 情報工学専攻 最優秀修士論文賞 上森孝英 (2014年3月))
  • (平成25年度 広島市立大学 情報科学部 情報工学科 最優秀卒業論文賞 村上哲哉 (2014年3月))
  • 第15回IEEE広島支部学生シンポジウムHISS優秀研究賞 村上哲哉 (2013年11月17日) http://hiss15th.sakura.ne.jp/hiss15th/contribution/commendation.html
  • 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会ネットワークソフトウェア優秀ポスター賞 八木寛明 (2013年3月20日) http://www.ieice.org/cs/ns/nws/award/poster/
  • (平成24年度 広島市立大学大学院情報科学研究科 情報工学専攻 最優秀修士論文賞 木村安里 (2013年3月))
  • 第14回IEEE広島支部学生シンポジウムHISS優秀研究賞 松金宏樹 (2012年11月18日) http://www.hiroshima-cu.ac.jp/news/content0809.html
  • 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会ネットワークソフトウェア優秀ポスター賞 上森孝英 (2012年9月12日) http://www.ieice.org/cs/ns/nws/award/poster/
  • (平成23年度 広島市立大学大学院情報科学研究科 情報工学専攻 最優秀修士論文賞 岡崎知也 (2012年3月))
  • (平成23年度 広島市立大学 情報科学部 情報工学科 最優秀卒業論文賞 上森孝英 (2012年3月))
  • 第13回IEEE広島支部学生シンポジウムHISS優秀研究賞 松金宏樹 (2011年11月13日)
  • (平成22年度 広島市立大学大学院情報科学研究科 情報工学専攻 最優秀修士論文賞 竹内麻利央 (2011年3月))
  • 第12回IEEE広島支部学生シンポジウムHISS優秀研究賞 木村光寿 (2010年11月7日)
  • 第11回IEEE広島支部学生シンポジウムHISS優秀研究賞 竹内麻利央 (2009年11月22日)
  • 平成21年度電子情報通信学会中国支部奨励賞 小笠原和輝 (2009年10月17日)
  • 電子情報通信学会ネットワークソフトウェア研究会 2009年度ネットワークソフトウェア研究奨励賞 竹内麻利央 http://www.ieice.org/cs/ns/nws/award/encouragement/
  • 第6回IEEE広島支部学生シンポジウムHISS優秀論文賞 荒川香織 (2004年12月5日)
  • 平成13年度電子情報通信学会中国支部奨励賞 中村忠宏

インターンシップ (,交換留学)

夏休みを利用して大学院生を企業に派遣し実習を経験させている. 1999年からは正式な大学院科目として単位が認定されている.派遣企業名(事業所名)は次の通りである.

  • 2016年:KDDI(株)研究所
  • 2016年:ドイツ・ハノーバー専科大学 (交換留学,6ヶ月)
  • 2015年:ドイツ・フンボルト大学ベルリン(交換留学,6ヶ月)
  • 2015年:ソニー株式会社, ソニービジュアルプロダクツ株式会社
  • 2014年:ドイツ・フンボルト大学ベルリン,ハノーバー専科大学 (交換留学,6ヶ月)
  • 2014年:KDDI(株)研究所
  • 2013年:株式会社サイバーエージェント
  • 2011年:パナソニックアドバンスドテクノロジー株式会社,中国電力株式会社エネルギア総合研究所
  • 2010年:ドイツ・ハノーバー専科大学 (交換留学,6ヶ月)
  • 2009年:パナソニック株式会社セミコンダクター社
  • 2008年:ドイツ・ハノーバー専科大学 (交換留学,6ヶ月)
  • 2007年:KDDI(株)研究所
  • 2006年:KDDI(株)研究所,中国電力株式会社エネルギア総合研究所
  • 2005年:KDDI(株)研究所
  • 2004年:KDDI(株)研究所
  • 2003年:日本電信電話(株)サービスインテグレーション基盤研究所
  • 2002年:日本電信電話(株)サービスインテグレーション基盤研究所
  • 2001年:日本電信電話(株)サービスインテグレーション基盤研究所
  • 2000年:日本電信電話(株)サービスインテグレーション基盤研究所,(株) SRA中国
  • 1999年:日本電信電話(株)情報流通プラットフォーム研究所,沖電気(株)関西総合研究所
  • 1998年:国際電信電話(株)研究所,日本電信電話(株)ソフトウェア研究所

博士学位論文授与

  • 竹内麻利央, "A study of routing protocols for assurance in mobile ad hoc networks," 2013年3月
  • 小田亮太郎, "アドホックネットワークにおける自律分散クラスタリングを用いた効率的なルーティングの研究," 2010年3月
  • 中川裕士, "大規模アドホックネットワークにおける位置情報を用いたルーティングに関する研究," 2009年9月
  • 小島英春, "モバイルアドホックネットワークプロトコルのテスト手法," 2009年9月
  • 伊藤篤, "Dynamic information discovery and delivery for mobile networks," 2007年3月
  • 白雪峰, "モバイルアドホックネットワークにおけるサービス発見方式に関する研究," 2006年9月
  • 岸田崇志, "インターネット上の高品質な遠隔コラボレーションに関する研究," 2006年3月
  • 大田知行, "Autonomous clustering-based hierarchical routing protocols for mobile ad Hoc Networks”," 2006年3月
  • 高橋寿一, "Software testing for GUI," 2003年9月

IEEE広島支部学生シンポジウム

IEEE広島支部が学生シンポジウム(HISS)を2000年1月に創設している.本シンポジウムの目的は,学生自らシンポジウムの企画・運営に参画することにより自主的および積極的に活動できる学生を育てること,質問主導型の発表を経験することにより自分の意見を自分の言葉で表明することができる学生を育てることである. 本研究室 はHISSの開催趣旨に賛同し,創設に係わるとともに積極的に支援している.下記の通り, 本研究室から学生が実行委員ならびに発表者としてHISSに参加している.

  • 第15回HISS(2013年11月)実行委員2名,発表者7名
  • 第14回HISS(2012年11月)実行委員1名,発表者5名
  • 第13回HISS(2011年11月)実行委員2名,発表者3名
  • 第12回HISS(2010年11月)実行委員4名,発表者5名
  • 第11回HISS(2009年11月)実行委員3名,発表者4名
  • 第10回HISS(2008年11月)実行委員5名(実行委員長1名を含む),発表者5名,研究室展示5名
  • 第9回HISS(2007年11月)実行委員2名,発表者2名
  • 第8回HISS(2006年11月)実行委員4名,発表者2名,研究室展示3名
  • 第7回HISS(2005年11月)実行委員1名,発表者1名
  • 第6回HISS(2004年12月)発表者1名,研究室展示3名
  • 第5回HISS(2003年12月)実行委員4名,発表者2名
  • 第4回HISS(2002年12月)実行委員2名,発表者3名
  • 第3回HISS(2001年12月)実行委員4名,発表者5名
  • 第2回HISS(2001年1月)実行委員4名(実行委員長1名を含む),発表者4名
  • 第1回HISS(2000年1月)実行委員1名,発表者3名